焙炉(ホイロ)跡

母屋の床板取り替えの際に、養蚕業の名残でそのままになっていた焙炉(ホイロ)というモノを取り除くことに。
(家族によれば、これはホにアクセントを置いて発音するのだそうだ!…)
この辺りでは昭和になってからも養蚕業を行っており、
この「焙炉」はかつて繭の乾燥に使用していたもの。



  その構造は、
「古くは熱源に、予め火をおこして灰を被せた炭が用いられ、その上に直接竹などで造られた格子や籠(かご)などを置き、更に焙炉紙と呼ばれる厚手の和紙を置いて使用していた。」とWikipediaにある。

使っていた砂は、粘土質で土壁のようにわらが混じっている部分あり、
石のように固まっているところあり。
これが2つあったのですから、処分にはたいへんな手間がかかりました 

 

 

ぼら

九十九里の海岸の河口で、正月休みに家族(長男)がしとめた「ぼら」です。

30センチ以上ありましたか…

久しぶりの釣りでの釣果に満足の様子。

寒いなか、釣り人の皆様方が結構集まっていたそうですよ~

SN3E0292

 

 

 

 

 

 

初雪

今日初雪の山武市です。

センター試験の学生さんたち、最後まで自信を持ってがんばってください!!

DSCN2098

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします

今年が皆様にとって穏やかで平和なそして素敵な年でありますようお祈りいたします。

CA3K0289

 

 

 

 

 

 

 

140101_0655

 

 

 

 

 

 
~山武市木戸、平成26年元旦の日の出~

ハヤブサの家族?

こんにちは。

裏山を飛翔するこの鳥はハヤブサの一家でしょうか。

 大きさは両翼を広げた時120センチになるものもいて、

以外と珍しいらしく、「希少野生動植物種」になっているそうです。

 

ハヤブサといえば、小惑星探査機。ウィキペディアによると

「イトカワのサンプル採取が1秒ほどの着地と離陸の間に行われる様子をハヤブサに見立てた」

ことから名づけられたほど急降下時の速度は速く、時速390kmにも…

    IMGP0476 IMGP0471 IMGP0472 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木戸川の堤防工事

DSC00134 DSC00133 DSC00132

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC00128 DSC00130 DSC00135

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 震災で被害のあった木戸川、工事中の堤防。
津波のときは川を遡上して、堤防を越え道路に溢れ出し、
田んぼにも被害を与えました。

コンクリートで補強し以前より高く立派になっています。

 

黄門さまのパン

こんにちは、台風に地震の追い討ちで眠れない方も多かったのでは…

 

最近ゆるきゃら商品をあちこちで見かけます。

千葉の米袋にもたしかチーバくんが印刷されていましたっけ。

こんなの、可愛くてつい買っちゃいます…

DSCN1978

 

 

 

 

 

 
くまモン

DSCN1981

 

 

 

 

 

 
メロン持ってるハッスル黄門!

 

竹細工の昆虫

おはようごいます。

コレは何でしょうか?

いつもお世話になっている方の趣味の作品です。

足も本物っぽくてびっくり…

DSCN1967 DSCN1968

 

 

 

 

 

 

 

 

ハロウィンの飾り

こんにちは。

10月31日まではハロウィンの飾り物を良く見かけますね。

市内の某施設で見かけた素敵なデコレーション。

イラストも手書きがかわいい

SN3E0289

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウォーキング会

大変ご無沙汰いたしました。

お変わりございませんか。

日中の暑さはかなりのものでしたがカラッとしたさわやかな風が吹き渡る今日、

地域のSNSの皆さんが企画したウォーキング会に参加。

地元松尾の松尾城に関する場所や古墳など歩いた距離は10キロ近く。
良い汗をかきました。
DSCN1931

 

 

 

集合はJR松尾駅。ローカル線の駅って感じ!

DSCN1935

 

 

 

白い彼岸花発見。